現代において増えてきているうつ病とはどのように改善できるか

プチ鬱とは

プチ鬱とはどういうものか

日本では最近、働き盛りの人を中心に、鬱病にかかる人が増えています。鬱の中でも、一般のうつと症状が異なるプチ鬱にかかる人が特に増加しています。 このプチ鬱とは、簡単に言うと、うつ病の初期の症状が長く続く病状のことです。一般的な鬱病は、ほとんど一日中、抑うつ気分が続きます。一方、プチ鬱病は一日中というわけではなく、一日のうちの夕暮れだけに抑うつの症状が起きます。その他の症状としては、一日の睡眠時間が10時間以上と過眠傾向になります。また、イライラして落ち着かない気分に支配されるので、精神を落ち着かせようと甘い物がほしくなります。その結果、急に太ってしまいます。また、集中力が散漫気味になり、仕事などがきちんとできなくなります。

症状を緩和するための方法

プチ鬱の症状を改善するには、いくつかの方法があります。まずは、毎日の出来事を日記に記載することです。そもそも鬱の方は、自分の苦しかったことから無意識のうちに目を背けようとします。ですが、目を背けることで、知らず知らずのうちにストレスを蓄積させてしまいます。日記をつけることは、自分の傷の原因を見つめる効果があります。そして、気持ちをリセットして、鬱の症状をやわらげてくれます。 その他にも、服や靴など身につけるものを新しいものに変えてみることも効果があります。普段、身につけないような服を選んで着用することで、心と体をすっきりさせる効果があります。また、お店の明るい照明、雰囲気が気分転換になります。なので、思い切って、外に出かけてみると良いです。